カラダの悲鳴

冬になると何かの拍子に膝が痛んだり、顔・体がカッサカサになったり、夜中はお手洗いや足がつってしまったりで何度も目が覚めます。 普段通りに過ごしていてもこの時期は何となく不具合を感じやすくなるのですね。 ズボラな私ですが、お風呂にゆっくりつかりマッサージをしたり、冷えないような工夫をして自分の体を労わってあげなければいけないなあと思っています。 早く暖かい日がきますように。。。
This entry was posted in ひまわり便り. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。