コロナウィルス感染症について

厚労省より、窓口に相談すべきケースとして、風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合や、インフルエンザよりも強いだるさや息苦しさがある場合、また、重症化リスクが高く2日程度で相談すべきだとしたのは、高齢者のほか、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の持病のある人や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方、妊婦も念のため、同様に早めに相談するようにと、発表がありました。
This entry was posted in 新着情報. Bookmark the permalink.

Deprecated: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /var/www/wp/himawaricli.jp/wp-includes/functions.php on line 4913

コメントは受け付けていません。