残念なシャクトリ虫



お盆に信州に行ってきた



途中、道の駅でライチの苗を買って向かった





現地では雨に当てようと外に出していたのだが、ある日出掛けようと見てみると、おかしな光景が・・・



普通植物は真っ直ぐ一本の幹があって、その中に枝が分かれて伸び、葉っぱがなるはずだが、何と!伸びた枝先に二つ付いている葉っぱに!枝が渡っているのだ



私が知識不足名だけで、こーゆーことは普通なのだろうか?!



どれだけ見ても枝にしか見えないのだが・・・



近くにある木で触ってみると柔らかい





そーいえば、散歩していたら尺取虫が道を渡っていたし、これもシャクトリ虫か?!!



持っている木で剥がして草むらに置いた





シャクトリ虫が擬態しているところは初めて見たが、実によく真似をするものだと感心した



しかし、これもこんなバレバレの所でなければ気付かなかったものを(笑)



尺取虫もこれからは擬態だけでなく、真似る場所も勉強するとよいなっと思った




This entry was posted in ひまわり便り. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。