夏野菜②

赤、黄色などを示す天然色素であるカロテノイドは、脂(あぶら)に溶けるので、トマトやパプリカなどの野菜は、そのままで食べるよりもドレッシングをかけたり炒め物にしたりして、油と一緒に摂るのがおすすめです。カロテノイドは熱に強く、加熱調理にも向いています。まだまだお料理で夏野菜を楽しめそうですね!
This entry was posted in ひまわり便り and tagged . Bookmark the permalink.

Deprecated: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /var/www/wp/himawaricli.jp/wp-includes/functions.php on line 5059

コメントは受け付けていません。