姉の彼氏は韓国人


昨春、フィリピンにいた姉が友人と帰国した



連れて来たのは男性の韓国人1人だった



以前、帰国したときも韓国人の友人2人を連れてきたことがあったので、そんなに気にしていなかったが、今回のは恋人らしい





経過は省くとして、一緒に高山に行くこととなった



車に乗り込んで初対面



彼は日本語で「ワタシノナマエハ○○デス」と言った



わたし「?」



肝心の名前が聞き取れなかった、が、一応「よろしく」と適当に話していた





途中休憩の時に、姉に彼の名前を尋ねると、なんと姉も知らないのだという



そういえば姉は彼を「ダーリン」と呼んでいた



インターナショナルだからそう読んでいたのかと思ったが、やはり姉も名前が聞き取れず「ダーリン」と呼んでいたのであった



韓国では親がつけてくれた名前、自分でつけたニックネーム、苗字の3っつ名前があるのだが、全部分かりにくいようだ



後々、名前を聞き取って、「チャンコ」と覚えるといいと教えてくれた

「チャンコ鍋」のチャンコ

どーやら小太りの彼氏は「チャンホ」というようだ



今では私は完璧に覚えている

This entry was posted in ひまわり便り. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。