ひまわり便り

2024年1月31日 水曜日

ブロッコリー

今月22日、ブロッコリーが指定野菜に含まれることになりました。 指定やサイトは国が、消費量が多く国民生活上の重要性が高い品目として位置づける制度で、キャベツや大根などが指定されています。 最近ブロッコリーは出荷量が増えたことにより値段が下がり消費者に優しい野菜としても話題になっています。 ついでにブロッコリーを選ぶ際には緑がかったものよりも紫っぽいものの方が甘みがあるといわれています。 タンパク質やビタミンCなど肌に欠かせない成分がたくさん含まれているため、是非食べてはいかがでしょうか。

2024年1月29日 月曜日

風邪

まだまだ寒い日が続いていますね。 風邪症状が出る方も多くなっています。 手洗い・うがいや換気など感染対策をしましょう。

2024年1月17日 水曜日

みぞれ鍋

この季節は温かい鍋物が定番ですが、大根おろしをたっぷり使った「豚バラ肉のみぞれ鍋」がおすすめです。大根を丸々1本使い、豚バラ肉と白菜やネギなどこの季節の野菜を入れますが、生姜や柚子などをトッピングしても美味しくいただけます。生姜は風邪の引き始めに有効と言われており、風邪予防にも役立つ食材です。

2023年12月27日 水曜日

疫病対策の日

近年新型コロナウイルスが世界的に大流行したことをきっかけに、疫病に備える必要性を認識する『疫病対策の日』が制定されました。 「新型コロナの大流行に象徴されるように、感染症が人命に及ぼす壊滅的な影響に新刻な懸念」を表明し、流行に対応するためには国際的な協力が不可欠であることを強調しています。 今後いつコロナウイスルのようなものが出てくるか分かりません。 風邪やインフルエンザ同様、感染しないためにも日頃から手洗いうがい、マスク着用など対策を行うことが大切です。

2023年12月25日 月曜日

大掃除

大掃除の時期になりました。 無理して肩や腰を痛めないように気を付けましょう。

2023年11月15日 水曜日

ボジョレー・ヌヴォー

明日、ボジョレー・ヌヴォーの販売が解禁となります。フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー(新酒)の赤ワインです。熟成させる通常の赤ワインと異なり、ブドウを収穫したら速やかに醸造してボトルへ詰める、軽い仕上がりの赤ワインです。赤ワインに多く含まれるポリフェノールは血管内のコレステロールプラークを抑制し、血栓症予防や、抗がん作用、老人性痴呆症予防に効果があると報告されていますが、アルコール摂取量との兼ね合いもあり、適度な量の飲酒が重要となります。

2023年11月7日 火曜日

スポーツ

野球は日本シリーズで阪神が勝利し、阪神タイガースの日本一で今シーズンが終了しました。 Jリーグも残り3節となり、ほぼヴィッセル神戸とマリノスの優勝争いとなっています。 またJ2では町田が初昇格となり、残り2枠を清水、磐田、ヴェルディ、ジェフなどで争っています。もしヴェルディかジェフが昇格となると何年ぶりでしょうか。次の最終節とプレーオフで決定します。とても楽しみですね。これからはウインタースポーツへと移り変わっていきますね。

2023年11月1日 水曜日

霜月

11月になりました。 今年の冬は例年に比べて暖かい日が多いようです。 とはいえインフルエンザやコロナウイルスが流行っており、学級閉鎖なども起きているようです。 私も先日インフルエンザのワクチンを接種しました、5ヶ月はもつようなので今からうっても早くはないようです。 2023年も残すところあと2ヶ月、悔いのない日々を送りましょう。

2023年10月21日 土曜日

中性脂肪の日

今日は、一般社団法人・中性脂肪学会が制定した中性脂肪の日だそうです。 何となく悪いイメージがある中性脂肪ですが、体を動かすための大切なエネルギー源の一つであり、体内に最も多く存在する脂肪成分で、糖質の不足を補うものです。 エネルギーとして消費されなかった場合も大切な役割を果たしますが、アルコールの過剰摂取やストレスの蓄積、年齢の変化などの要因によって増えすぎてしまうことがあります。 これから寒くなってくると運動不足になりがちで、更に忘年会・新年会など、飲み会の場も増えてきますね。 我慢ばかりも良くないですが、一駅分歩くなど日常でできる運動を取り入れたり、食べる順番や量に気をつけて、これからの時期も心身ともに元気に過ごしましょう。

2023年10月19日 水曜日

統計の日

1870年10月18日、日本初の近代的生産統計{府県物産表}に関する太政官府告が公布されました。 これを記念するとともに、統計の重要性に対する国民の関心と理解を深め、統計調査に対するより一層の協力を得るため、1973年閣議了解を得て制定。 この日に合わせて、総務省統計局や地方公共団体などが統計に関するイベントを開催しています。